我が子の成長

着付けの仕方・女の子編


女の子の七五三の着物の着付けは大変です。
でもどうせなら自分の手で可愛くしたい!という方のために、女の子(7歳)の着付けの仕方を手順でまとめます。
まずは準備するものです。
着物と長襦袢、半襟、帯(形の出来上がっている作り帯でも可)、帯締めと帯揚げ、しごき、足袋、草履、バッグが主なものになります。

あとは箱せこや末広、着付け用の紐などを必要に応じて準備しましょう。
1:下着はいつものものか、長めのスリップを用意しましょう。
このときに足袋も履かせてください。

2:長襦袢を着せます。
首に添わせて着せてください。
この時、紐で本来なら締めるのですが、苦しいのが苦手な子なら長襦袢に付紐などをつけてください。
その上から伊達締めで抑えましょう。
裾や丈の長さも確認してください。

3:着物を着せます。
長襦袢の襟に添わせてください。
後ろは被せて前は見えるくらいにしましょう。
ここでも紐で締め上げるのが苦手な子の場合には付紐で行ってください。
最後に伊達締めでもう一度締めます。

4:ここで帯を結びます。
もしも作り帯の場合には、胴の部分を先に巻いて、リボンの部分をつけてください。
つけたらリボンを固定するように帯揚げと帯締めを締めましょう。
帯の締め方にはお文庫結びなどのいろいろな結び方があるのでお好みで締めてください。
どうしても無理なら作り帯を利用しましょう。

5:帯の下の部分にしごきを呼ばれる布を締めます。
柔らかい帯状の布です。
割と目立つものなので、着物の色などの兼ね合いもしっかり考慮しておきましょうね。
結び方は簡単で四つ折りにしてから袋状になっている部分を上にし、帯の下のラインに合わせて2回巻きます。
そして背中に向かって左寄りの方向にちょうちょ結びをしてください。
その結び目を隠すために長いほうを一度下から上にかぶせてください。

あとは、箱せこと末広をつければ完成です。
箱せこについては胸元に半分くらい差し込めばOKです。
末広は帯締めに差し込みます。
この時開くほうを上にして差し込むようにしてくださいね。